自動車事故に関する法律相談

多くの方が運転免許を有し、そして自動車を運転していますが、だからこそ自動車事故に遭った際に、法律相談できるような事務所を1つは把握しておきたいところです。

というのも、自動車事故を引き起こしてしまったり、被害者になった場合には、弁護士の手助けが必要不可欠だからです。



まず、加害者になってしまった場合の法律相談ですが、この際には、刑事事件として扱われる可能性が非常に高いので、弁護士の助けが必ず必要になりますが、それ以上に慰謝料請求などの相談があります。



慰謝料は、被害者の治療費や介護費、あるいは仕事などができなくなってしまった事に対しての逸失利益などに対して発生するものであり、丸腰で挑んだら1億円以上の請求をされる事もあります。



しかし、被害者にも過失がある場合には、過失相殺してもらえることがあります。


過失相殺は自分たちだけではかなり困難であり、特に加害者側は、弁護士の方とよく相談する事が大切になります。また、どの程度の葬祭がある科などに関しても、弁護士の方との相談でかなり変わってきます。そして、被害者になってしまった時の法律相談としては、保険金などの受け取りに関わってきます。



保険会社は、支払う保険金を最小限に抑えようとしてくるので、自分たちだけで交渉すると、かなり低い金額で保険金がまとまってしまいます。



しかし、弁護士に協力を依頼することで、保険会社の相場よりも高い弁護士の間での相場で保険金を決定する事ができるので、自分の保障をより高めるためにも、被害者になった時にも法律相談は欠かせません。



関連リンク

法律相談にかかる相談料


弁護士は犯罪などに巻き込まれてしまった場合に、本人になりかわって主張を代弁し、権利を守ってくれる頼もしい味方ですが、そのほかにも、婚姻関係の破綻や子供の養育をめぐるトラブル、交通事故での示談や損害賠償、不動産の境界の争いなど、生活全般にわたって発生する法律上の問題について、専門知識を生かし、的確なアドバイスをしてくれる存在でもあります。個別具体的なことがらについて、弁護士からのこうしたアドバイスを直接聞いてみたいという場合には、近くの法律事務所などで開いている法律相談を活用するのがベストです。...

法律相談はどのようにして行うべきでしょうか


お金を金融機関で借りていて、どうしても返済できなくなった、そのような場合は、弁護士事務所か司法書士事務所の法律相談に行って、債務整理の手続きをしてもらうといいでしょう。弁護士事務所での法律相談は、通常相談料5400円がかかりますが、最近では無料、あるいは初回無料という事務所もあります。...